てあそびうた〜ぐーちょきぱーでなにつくろう

ぐーちょきぱーを、左右の手でいろんな組み合わせをして、
いろんな形を作り、動物や物に見立てていく「てあそびうた」です。

元のオリジナル曲はフランス民謡の「フレールジャック(Frère Jacques)」です。
色々な替え歌が存在しますが、日本語で代表的なものは、「鐘がなる」でしょうか。

ぐーちょきぱーの組み合わせを変えていくと
お子さんの想像力に任せていったときには、このてあそびうたは無限に広がっていきそうです。

Japanese Kids Songsでこのムービーを作る際に気をつけたことは
小さなお子さんがまねをすることを想定し、
画面を見て、左右が反転するのはまだ難しい年齢のお子さんもいると思いましたので
お子さんが右手を使うとき、画面上は左手が出てきています。
そして、手のひら側と手の甲側のイラストを両方使って
ぐーちょきぱーの時は、手のひら側が見えるようにしました。
特に、左右で違う手の形を重ねる時、それは手の甲側を見ながら
ヘリコプターやかたつむりに見立てていくので
手の甲を見せながら、左右の手を重ねていくよ、ということを
なるべくわかりやすく伝えたいなぁと思って、このようにムービーを作りました。
実際にお子さんがてあそびしてみてどうだったか、
感想などを伺うことが出来たらいいなと思っています。

このムービーでは5種類のカタチを作っていますが
組み合わせ次第でいろんなアイディアが生まれると思うので
お子さんの独創的なアイディアをどんどん引き出していってあげてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*