旅立ちの日に − 海外の団体から不当に著作権侵害を申し立てられた時の対処法(1)

卒業ソングとして定番の「旅立ちの日に」。
この曲の著作権について、また、YouTubeでアップロードする際の注意点など
Japanese Kids Songsで気をつけていること、
調べてわかったことなどを中心にまとめていきます。

「旅立ちの日に」
作詞:小嶋 登
作曲:坂本 浩美

とある中学校の校長先生が詩を書き、音楽の先生に作曲を依頼して
この曲は誕生したということです。
初演では、先生が歌っているのを聴いたことがあります。
まっすぐで素朴な、あたたかい声をした校長先生の歌声は
生徒さん達の心にどのように届いたのでしょうか。
その後、卒業ソングとして卒業生が歌う曲として定番化し、
息の長い人気曲になりました。

作詞、作曲の小嶋先生も坂本先生も、この曲の著作権を持っておらず
JASRACに全信託という状態であることが確認できました。
作品データベース検索サービスで調べることができます。

https://www2.jasrac.or.jp/eJwid/

調べたい作品を検索すると、信託状況や所属団体がわかります。

次に、この曲の著作権を全信託されているJASRACとYouTubeについてです。
JASRACのページに、動画投稿(共有)サイトでの音楽利用という項目があります。
内容は以下のようになっています。

動画投稿(共有)サイトにおけるJASRAC管理楽曲を含む動画の配信利用については、サイトを運営している事業者側が許諾手続きを行っていますので、JASRACと許諾契約を締結しているサイトであれば、動画の投稿者が個別に許諾を得なくても、JASRAC管理楽曲を含む動画をアップロードすることができます。
ただし、利用方法によっては、手続きが必要となるケース等がございますので、以下のフローチャートおよびご利用上のご注意を必ずご確認下さい。

JASRAC 動画投稿(共有)サイトでの音楽利用より

こちらのチャートも、大変わかりやすくなっています。

https://www.jasrac.or.jp/info/network/pickup/movie.html


Japanese Kids Songsでは、使用している音源はすべて
自ら演奏したもので、歌もピアノもすべて自らの演奏と録音です。
こちらのチャートに照らし合わせ、「旅立ちの日に」を演奏し、
その動画をYouTubeにアップロードすることは問題ない、ということを確認し
動画制作にあたりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*