海外の団体さんから、著作権に関して申し立てられた件【以前の経験を生かす】

久しぶりに、収益化が出来ない動画がありました。

以前、海外の複数の団体から著作権侵害で申し立てられた時、

英文でのクレームレターで異議申し立てをして、無事に収益が復活した動画が三本あるんですが

今回は、最近話題の

Muserk Rights Management さんです。

アメリカで、わたしの童謡が再生される可能性は、かなり低いのです。

そして、YouTube の運営さんからも、

収益受け取りの対象です。

というご連絡をいただきました。現在は、分配ではなく、完全に広告がつかない状態になってます。

これから、カバーソングとしての異議申し立てをしようと思います。

前回、旅立ちの日にという動画での著作権に関する異議申し立ての詳細を公開し、多くの方にみていただきましたが

今回の、Muserkさんあての連絡も、英文レターを公開しつつ、みなさんと情報を共有したいと思っています。

1ヶ月後くらいに、この件は続編を書く予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*