ふうせんは そらとともだち

Eテレの子ども番組「いないいないばあっ!」の中の曲です。


この曲は、息子が赤ちゃんの頃に実際にテレビで見ていた曲なので
楽譜を見つけた時は、とても懐かしく思い出しました。

小杉さんのメロディは優しくて、うたいやすいと
楽譜集の中の楽曲解説で新沢さんが書かれています。
実際に歌ってみると、本当にそういう感じがしました。

作詞は新沢としひこさんですが、作曲は小杉保夫さんがされています。
新沢さんの詩だけれど、中川ひろたかさんの作曲ではないものを歌うのは
私はこの曲が初めてでした。

新沢としひこさんの作曲されたもので
「よろしくネコのこ ぼくのネコ」
「だっこ」
と、この楽譜集の中から二曲をJapanese Kids Songsのチャンネルでは歌っています。
こちらもやはり、

わぁこんなメロディーを!
書くんですか!
これはこれは!!

という衝撃と、楽しさがありました。
「だっこ」はとても優しくて、しかし高音が多かったので
童謡というよりは、歌曲みたいだなって思いながら歌いました。

「よろしくネコのこ ぼくのネコ」は
すごくかわいいんですが、なんというか
少々メロディーが難しくて
たくさんたくさん練習した覚えがあります。
これらの曲は「そらはともだち」(全音楽譜出版社)の楽譜集に入っている曲です。


ピアノ・アレンジは、全曲アベタカヒロさんです。
アベタカヒロさんのアレンジによって、お馴染みの曲が
新しい色合いになっているところも、新鮮でよかったです✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*