「心のノート」を、ハモってみる

https://www.tv-tokyo.co.jp/anime/pokemon_sunmoon/chorus/

「心のノート」歌ってみたフォト&ムービー大募集!
という企画があって、それでポケモン サン&ムーンのエンディングを知りました。

ダウンロードする前には、同声二部合唱と書いてあるけれど、楽譜は三部合唱になっていました。
とても素敵な曲だけれど、合唱経験がないと、歌うには少し難しい曲だなと思いました。
音取り練習用のムービーがあれば、理屈は抜きに自分の音を覚えられるから、というお話はよく聞きます。

それで、テレビ用の短いバージョンですが、音取り練習のためのムービーを作りました。

テレビに応募する用に楽しく歌うのに、参考にしてもらえたらと思いました。
ポケモンは世界的に人気なので、日本語が母語ではないお子さんや、大人のポケモンファンの方達がトライしやすいように、ローマ字表記も併記してみました。
それはJapanese KidsSongsの、YouTubeチャンネル開設の目的とも重なります。
しかし色々聞いてみると、英語版ポケモンのエンディングソングは、いつもオリジナルとは違う曲が英語版用に独自に用意されているとのことでした。
日本語のエンディングソングはアジア圏でのみ放送されているのかな、と思います。

さてこの曲は、とても素敵な児童合唱の曲なんですが、合唱強豪校でないとなかなか上手に歌うことはできないかもしれません。
曲を作る人にはみんなが歌える、易しいけれどハーモニーも美しい、という曲を目指して欲しかったなと思います。

Japanese KidsSongsの音声担当者も、とても苦労しながら練習を重ねて、録音に至りました。しかし苦労したのは、大人の声になってしまったからなのかもしれません。お子さんはなんてことなくさらっと、綺麗な頭声発声で歌えてしまうかもしれません。
綺麗な頭声発声で歌う、がステップ1です。
お互いの音を聴き合いながら、ハーモニーと響きを感じながら歌う、がステップ2です。

上にあげたムービーは、ステップ1をクリアするためにちょっと急いで作りました。
合唱の楽しみはステップ2の中に様々ありますが、YouTubeのような一方向のメディアで、その部分を表現するのはなかなか難しいです。
しかし、考えてみたいと思います。
その部分を何らかの方法で表現できたらかなり面白い、そう考えると楽しみな分野です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*