チューリップ

とても有名な子どものうたです。

メロディーもやさしく、ピアノ初心者でも弾きたいなと思う曲のようで
日本人なら誰でも知っている、と言っても過言ではありません。

作詞は近藤宮子さん
作詞は井上武士さん

1910年にこの曲は作詞、作曲されたそうです。大正時代です。

私は演奏するにあたり、カワイ出版の「誰でも知ってる童謡100選 子どもと歌おう」の楽譜を使用しました。
原曲通りのアレンジを掲載していることが多いため、
私はこちらの楽譜をよく使用しています。

子どものための歌として、かわいらしく歌われることの多い子の曲ですが
テンポを見てびっくりしました。
結構早かった・・・♩=92
かわいらしくゆったりした曲、というイメージが
世の中に定着していますが
原曲は、かなりポップな曲なのかもしれないです!

1910年に、このアップテンポなチューリップが発表されたんです。
はっきりはわからないけど、かなりおしゃれで、最先端だったのでは?
ということを私は思いました。

私のムービーはもしかして、他のに比べて最速かなぁ、なんてことが頭をよぎりましたが
作曲の井上武士さんが指定されたテンポで弾き歌いました。

のちに井上武士さんが、2番と3番の歌詞をつけていらっしゃいますが
私はこのムービーでは、近藤宮子さんの作った詩、1番のみを繰り返して歌っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*