パプリカの替え歌【日付けのうた】

日本語での日付の言い方は、和語と漢語がミックスされていて
小さなお子さんや、外国語として日本語を覚えようとする人には
なかなか難しい言語と言われていますよね。

なんとか、歌で楽に覚えられるようにならないかなと思い、
どんなメロディーに言葉を載せると自然で、かつ覚えやすいか
いろいろ考えて、

米津玄師さんの「パプリカ」のメロディーをお借りして、替え歌にしました!

この動画を作る上で大事にしたいと思ったことは
1日から31日まで、全ての日付の言い方を盛り込むこと。

ついたち〜とおか までは和語で、11日以降は漢語になっていること。
そこの違いを、ひらがなの字幕では色分けしてして、ひと目見てわかるように
ということを心がけました。
十四日(じゅう よっか )のように、漢語、和語ミックスの数字の場合は
そこも色分けをしました。

最大の強みは、やはり楽曲の素晴らしさで
多くのお子さん達は、すでにこのメロディーをよく知っているということです。
振り付けも、完全マスターのお子さんもいらっしゃるかもしれませんね。
その、最強メロディーに日付をちょうどよく当てはめることが出来ました。

楽しく歌って、日付の言い方をマスターして欲しいと思います。

そして、偶然見つけたのですが!
パプリカの替え歌で、日付を覚えてくれたお子さんの動画がありました。
4歳1ヶ月の時だそうです。
すごくちゃんと言えてる〜
13日と30日が混ざるのも、わかりみが深い。。。。
なるよね。だから日本語、難しいって言われるんだよね💦と思いました。
そのあたりのごちゃごちゃが、歌うこと、メロディーがあることで
覚える作業の助けになったらいいなと思っています。

すごくかわいい動画でした♡
パプリカの替え歌で、日付のうたの動画を作ったことを
よかったなーと思った瞬間でした。

おまけ情報
※パプリカの著作権に関して調べてみると、インターネット配信は❌と表記されています。
だから、そういう曲を使わせていただく場合、著作権侵害のご連絡をいただきますし
収益化は出来ないということで、私はそれを納得しています。
動画をアップすることが出来ない、ということにはならず
日付のうたを皆様にみていただくこと自体は可能ということで、
そのチャンスをいただけたのが、すごくありがたいことだと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*